妊婦さんが飲める便秘茶ランキング!おすすめはどれ?

便秘茶の効果的な飲み方

 

便秘茶は種類や効果だけでなく飲み方も重要です。特に便秘茶の効果を左右するポイントにタイミングがあります。タイミングに関してのポイントは、便秘がどの段階に来たときに飲むべきかということです。お腹がパンパンに張ってきて辛くなったり、腹痛が伴うようになる前に飲み始めるのが理想的です。普段から飲むというのは、下痢を招きかねないので、よほど体質的に便秘が強い場合以外は勧められません。一般的には3日くらい排便がなかった段階で飲み始めるのが有効とされています。

 

また、もうひとつは1日のどの時間帯に飲むべきかということです。即効性を求めて便秘茶は飲まないと思いますので、便が出てほしいと思うタイミングの少し前に飲んでおくのが良いでしょう。空腹時が最も良いとされていますが、これは成分が体内に吸収されやすいからです。

 

また、有効成分が胃や腸で他の物質と混ざり性質が変化する恐れがあるため、空腹時が良いと言われています。ただ、睡眠前に飲むのも起床時に便の排出がしやすくなりますので良いとも言われます。

 

飲み方はタイミングも大事ですし、量もまた大事です。飲みすぎは下痢を引き起こしますし、たくさん飲んだからと言って効果がすぐに出るわけではありません。乱用は排便のリズムを乱しますので、無理な飲み方をしないように心がけてください。便秘茶はあくまで緩やかに便秘を改善するために飲むものですから、下剤のように扱わないように注意が必要です。健康のために飲むもので、健康を損なわないように、くれぐれも間違った飲み方には注意しましょう。

 

便秘茶の宣伝に注意

 

便秘茶については賛否両論あります。確かに、特定のお茶を飲むことによって便通が良くなるということはありますが、実際以上にその効果を宣伝することによって便秘の改善ができるように謳っているものも多いです。国民生活センターから注意勧告が出ているものもありますから、ネット上の便秘茶の情報については特に注意しなければなりません。

 

また、便秘茶の中には、一般的な下剤と同じ成分が含まれているものも多く、その場合は下剤を服用している人の場合は耐性ができていて効果が出ないことも少なくありません。多くの場合、便秘茶として紹介されているセンナ茶はこの下剤と同じもので、成分の濃度が違うくらいですから、確かに便通を改善する効果があるとは思いますが、だからと言って確実に効果のあるわけではありません。

 

下剤がなかなか効かない方は是非というような感じで紹介されていても、実際は同じものということも少なくありませんので注意が必要だということです。間違った情報や、中途半端な理解によって提供されている情報もネット上には多いので、やはりこういったものは信頼できるメーカーの商品を選ぶべきだと思います。過剰に効果があっても全然効果がなくても、自己責任になってしまいますから、リスクある選択をするのは賢いこととは言えません。

 

ましてや、便秘薬よりも場合によっては高いお茶もありますので注意しましょう。いろんな効果をくっつけることによって多機能であるように見せていますが、もともとの微量な健康効果を紹介しているだけのこともあり、価格が高くなる理由にはならないのですが、いろんな売り方がされているので気をつける必要があります。

 

便秘茶の副作用

 

便秘茶の副作用として代表的なものは下痢なのですが、こうしたものは飲みすぎから生じるのは理解できると思います。しかし実は、便秘茶の副作用には便秘もまたあるのです。便秘茶の中に含まれるセンナやキャンドルブッシュなどの「下剤成分」は慣れてしまうと効果が薄れてしまう上、自力で排便する能力や感覚を弱らせてしまい、腸の蠕動運動の低下を招いてより重度の便秘をもたらす可能性もあるのです。

 

便秘茶におけるお通じの状態は、飲んでみた人ならわかりますが、ある程度不自然な「水のような便」「腹痛を伴う」ような反応を示します。これは腸に大きなダメージがあることを意味しています。このような状態が続けば、腸の重要な機能である栄養の吸収が妨げられてしまって栄養不足などを発生させ、健康や美容に悪影響が表れます。それにとどまらず、腸内で善玉菌が住みにくい環境ができてしまい、悪玉菌が増えてしまう場合もあります。

 

悪玉菌は腸内で有毒なガスを発生させるために、それがめぐって体臭や口臭となることもあります。もしも、便秘茶を飲んでいるのに便秘気味、おならが臭い、口臭が強い、などの問題があれば、便秘茶が原因になっている可能性を疑いましょう。

 

安全な便意茶を選ぶなら、下剤成分を使用していないものを選ぶのが良いでしょう。効果もマイルドにはなりますが、排便も自然で腸に負担がかかりません。一番わかりやすいのは、「妊娠中・授乳中の飲用はお控えください」という記載が無いものです。下剤成分が入っているものは薬の飲めない妊娠中は飲めませんから、そういったものを選べばまず大丈夫だと思います。

 

便秘茶は気楽な便秘対策

 

便秘の解消のためには多くの食品が有効ですが、なんでもは食べられませんよね。たとえば、野菜は1日350gと言いますが、そんなに食べられるかはかなり疑問です。便秘によい食べ物は野菜だけでなく、バナナやこんにゃく、キノコ、ヨーグルトなどいろいろありますから、野菜だけに頼らず色々食べるのが自然でストレスも少なく良いと思います。

 

よく知られているように、ヨーグルトも便秘に効果がある食品ですが、主な働きは乳酸菌による腸内環境の改善です。ちなみに、野菜は食物繊維による腸内の清掃効果があります。これらに加えて、便秘茶を飲んでみるとさらに効果が期待できます。

 

便秘茶の中には、食事の効果と重複しないものもあるのです。腸内の蠕動運動を促す成分が入っているものは、食物繊維や腸内環境と関係なく腸の動きを活発にして排便を促すので、食事による対策と併用して相乗効果が期待できます。ただ、やりすぎると下痢になる場合がありますから、併用する場合は特に注意が必要です。

 

便秘茶の良いところは、気楽に飲むことができることです。毎日負担なく続けることができる点で、野菜のようにがんばって食べる必要がありません。飲みすぎにさえ注意しておけば、自然に排便が促されてダイエットもできますので、ヨーグルトのようにカロリーに注意する必要もないので気楽です。あれこれ食べることでの便秘対策は限界がありますから、負担の少ない便秘茶も取り入れてみると良いと思いますよ。

 

冷え性と便秘茶

 

冷え性の人は便秘になりやすいといわれています。これは、冷えのために血液循環が悪くなってしまい、そのために消化器系の臓器の働きが鈍くなってしまうためで、結果として便秘になりやすくなるのです。こうした冷えからくる便秘を治すには運動や、体を温める食べ物が有効だと言われているわけですが、逆に便秘茶を飲むことで血行を良くして冷え性が改善されることもあります

 

もちろん、冷え性を治すために便秘茶を飲むというわけではありません。もっと他の効率的な方法があるでしょうし、かえって副作用のようにお腹を下したり便秘を悪化させる場合もありますので、あくまで便秘茶は便秘の解消のために用いるようにしましょう。用法と用量はしっかり守ることが基本です。

 

お腹の調子がよくなると、腸がしっかり動くようになり、全身の代謝が向上するようになります。すると体内の温度が高くなり、病気に対する抵抗力も高まります。自然に痩せやすい体質になりますので、ダイエットにも有効です。便秘茶で冷え性を改善するというのは本末転倒で、あくまで副次的な効果で冷え性にも良い影響があるということです。

 

便秘と冷えは深い関係がありますが、その対処については共通しているところもあれば、違うところもあります。何から便秘、または冷えが生じているのかを正しく見極めなければ、間違った健康法を試してしまって失敗することもありますので、便秘に効果があるといったウワサ話があったとしても、十分な注意が必要です。

 

ごぼうの食物繊維がすごい

 

昔から食物繊維が豊富な食材として愛されているごぼうですが、他にも、老化や糖尿病予防に有効な栄養も豊富に含まれています。戦後まもない頃は、日本人の一日の食物繊維の平均摂取量は20gほどだったといわれていますが、現代では食文化が大きく変わってきて食物繊維を摂る機会がだいぶ少なくなってしまいました。

 

厚生労働省が推奨している食物繊維の摂取量は成人女性の場合で17g/日となっているのですが、これでも昔と比べれば少なく、しかも推奨量に届いている人というのはそれほど多くないそうです。食物繊維がしっかり摂取できていてこそ、便秘になりませんし、また生活習慣病やがんを予防することもできるそうです。

 

食物繊維には二種類あって、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があり、両者をバランスよく摂取してこそ便通も良くなり、腸内環境もよくなると言われています。水に溶ける水溶性食物繊維は、腸内で食べ物を包み込み、すばやく便を体外に排出できるようにします。糖質や塩分、コレステロールなどの体内への吸収を抑制する作用があります。

 

また、善玉菌を増やして腸内環境を整えるので、便通改善に効果が高いです。不溶性食物繊維は水に溶けない性質をもち、便が重くして排便を促す作用があります。ごぼうは食物繊維の含有量が非常に高く、両方の食物繊維をバランスよく含んでいるので、便通の改善に非常に効果の高い野菜です。便秘で悩んでいる方は積極的に食べるようにすると良いでしょう。

 

こちらも! 食物繊維サプリランキング@食品由来のおすすめ一番はどれ?

 

逆流性食道炎の症状に注意

 

若い女性の中には、逆流性食道炎が増えていると言います。その主な症状として、胸焼けや呑酸(どんさん)と言われるものがあります。これらは胃のむかつきや、胃酸がのどや口にこみあげてくる症状ということです。それに加え、胸がつかえて食べたものがうまく飲み込めなったり、のどにつかえたりと違和感を感じることもあるようです。

 

逆流性食道炎自体は命に関わるようなものではありませんが、症状が似ている病気の中には命に関わる危険なものもありますので注意しましょう。逆流性食道炎では、咳が出ることもありますが、喘息のようにひどくなることもあります。寝ているときなどに胃液の逆流が生じ、喉頭に触れてしまうようになると、胃酸によって炎症を起こしてしまいます。

 

そのため、違和感から咳が頻発するようになります。慢性的に咳が出る場合には、これであれば良いのですが、食道がんや喉頭がんなどでも見られる症状ですので、念のために医療機関でしっかり検査を受けるようにしてください。呑酸はよくある症状ですが、これがあるなら逆流性食道炎と考えてよいでしょう。特有の症状ですから、他の病気ではほとんど見られません。

 

口臭からも胃酸のような酸っぱい刺激臭のような臭いがあれば、ほぼ逆流性食道炎と断定することができます。逆流性食道炎は放置しておくと、命に関わることはないものの、慢性的なトラブルとなることがあり、中には命に関わるような病気と症状が似る場合もあります。逆流性食道炎と断定するには材料が足りないという場合には、まず医療機関でしっかり調べてもらいましょう。

 

こちらがおすすめです 逆流性食道炎に効く薬は?

新着情報