妊娠中にやってはいけない運動とは?

妊娠中は胎児がお腹の中にいるからといってダラダラしていいというわけではありません。きちんと体重であったり健康を維持するということは非常に大事なことになります。

 

妊娠初期は特に重要ですが、運動は控えるということを良く言われてどうすればいいか迷うと思います。運動をしたらいけないということではありません。きちんと守ることを守れば運動をすることでいい影響を与えることに繋がります。

 

妊婦は運動が大事といいますが、どうしてなのかというとメリットが多いからです。軽い運動をすること血流が促進されてむくみやつわり、腰痛などを緩和することができます。さらに、つわりが酷い場合は気分転換にもなります。

 

また、妊娠中というのは家にいるときはあまり動かないことでカロリーもあまり消費されずに、筋肉量が低下して脂肪が増えてしまいます。そうすることで体重も増えてしまい、これはあまりよくないので、横になっても出来る運動などをするのもいいでしょう。

 

それ以外にも自律神経やホルモンを整えたり、便秘を解消したりしますし、さらに運動をすることで安産になりやすくなります。産後の体型にも影響しますので非常に運動には多くのメリットがあります。

 

では、実際にどういった運動があるのかというと、主に言われるのが軽いウォーキング、インナーマッスルの運動、スイミング、ヨガ、スクワットなどがあります。また、妊娠中にしてはいけない運動はひねりや転倒や衝突が考えられる運動、力みやすい運動になります。これらのことを考えて、さらに体調も考えて運動を少しでもすることをオススメします。