妊娠中の腰痛に悩まされている方へ

妊婦さんが悩んでいる一つとして腰痛があります。立っていても横になっても痛くて寝返りも打てないという方が多いですが、これはお腹が大きくなるにつれて痛みが強くなることがありますので出来るだけ早めに対処法を見つける必要があります。

 

では、まずどうして妊娠中に腰痛が起こってしまうのかというと、一つは姿勢の変化による腰痛です。妊娠すると体重は10kg前後増加しますが、それによって姿勢が変化します。骨盤や腰痛が前方に傾いて重心が前にきます。それを支えるために背中の筋肉が後方へ支えてバランスをとることで腰痛が起こってしまいます。

 

次にホルモン分泌によるものです。リラキシンというホルモンが分泌されることで出産時に胎児が骨盤を通れるように関節や靭帯を緩める働きをしますが、緩んだ骨盤やお尻の筋肉を支えようとして腰痛を引き起こしてしまいます。そして精神的な不安から身体が無意識にこわばってしまって腰痛を引き起こしてしまいます。

 

ではどういう対処法をすればいいのかという事に関してですが、まず重いものを持ち上げる際には意識して腰から上に重心を動かすようにしましょう。また骨盤ベルトなどを使用することでも腰痛を緩和することが出来ます。

 

今、人気のマタニティエクササイズやパートナーにお願いをしてマッサージなどしてもらうことで緩和することもあります。そういったことで少しでも緩和させることが大切です。お風呂などで幹部を温めることも効果がありますので、様々な方法を一度試してみてはいかがでしょうか。