妊婦さんは高血圧に注意

妊娠すると、女性の体には様々な変化が訪れます。妊娠中期以降には、尿たんぱくやむくみが出たり、高血圧になってくる人もいます。かつては妊娠中毒症と呼ばれていたこれらの症状は、今では妊娠高血圧症候群と呼ばれるようになりました。理由は、妊娠中毒症の症状の中でも、高血圧がおよぼす影響が大きいからです。ここでは、妊婦さんが注意したい高血圧について、お話しましょう。

 

妊娠高血圧症候群の定義

 

何をもって妊娠高血圧症候群と呼ぶのかといえば、日本産婦人科学会が定義を示しています。妊娠20週以降から分娩12週まで高血圧の症状が出る場合、あるいは高血圧と同時に尿たんぱくの症状が出る場合です。これらの症状が、妊娠の偶発合併症によるものでないという条件も付きます。尿たんぱくのみの症状が出るときには妊娠尿たんぱく、むくみだけが出るときには妊娠浮腫と定義されているので、あくまでも高血圧を伴う場合に妊娠高血圧症候群と診断されます。

 

妊娠高血圧症候群の原因と対策

 

妊娠中毒症のような様々な症状が高血圧によって起こるなら、なぜ高血圧になるのかという疑問が出てきます。実は、妊娠によって高血圧になることがある原因は、まだハッキリとはわかっていません。妊娠初期に出来る胎盤の血管が、正常に作られないからという説もあります。そんなことになれば、胎児に酸素や栄養を送ろうとしても上手く血液が流れてくれません。すると心臓がもっと血液を流そうと強い圧力をかけてしまうため、高血圧になるというのです。これは一説に過ぎませんが、早めの対策をするのが賢明です。医師に相談すると同時に、自分でも高血圧の対策をしていくことが大切です。